QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
古道ウォーカー
オーナーへメッセージ

2018年06月21日

京街道・枚方宿(つづき)

枚方市の京街道を歩いていて、発見した
中で、記載漏れがあります。

市立枚方宿鍵屋資料館とマンホールです。
















 江戸時代の船待ち宿「鍵屋」を
枚方市の有形文化財に指定し、解体復元
して枚方宿に関する資料を展示して公開
しています。

枚方市のマンホール



  


Posted by 古道ウォーカー at 00:09Comments(2)

2018年06月19日

京街道・枚方宿

枚方宿は、東海道五十六番目の宿場町。
京都と大坂の中間に位置する交通の

幼少であり、陸の街道だけでなく、街道と
ほぼ平行して流れる淀川を利用した

水上交通の中継港としても栄えた。
















町飛脚を
置く等、
宿場の
事務を
行った









東見附

枚方宿の
東側の
入口です









常夜灯



















道標























枚方宿は、東西約1.5キロ、旧街道の面影を
残しています。
紀州候七里飛脚の位置も判明しましたが、
現在は何も残っていません。
  


Posted by 古道ウォーカー at 17:06Comments(4)

2018年06月07日

京都・伏見、酒蔵と水路の街

京都伏見には、鴨川、琵琶湖疎水、宇治川等の河川・水路が
あり、淀川を経て大阪に至る舟運ルートがつながっていました。

近距離の十石舟、大阪までの三十石船が行き交い、賑わい
ました。

桃山丘陵山麓の湧き水で、昔から酒造が盛んで、月桂冠大倉
記念館、黄桜カッパカントリーで見学できます。








































































宇治川派t流は、運河で宇治川と琵琶湖疎水とを
結んでいました。



  


Posted by 古道ウォーカー at 14:21Comments(4)

2018年06月07日

京都伏見・寺田屋のつづき

現在の寺田屋は、復元・改造されて
旅館として営業しています。




寺田屋の
風呂場










龍馬の愛人お龍が入浴中、捕方に気付き裸のまま
階段を駆け上って龍馬に知らせたという逸話は有名。





寺田屋の玄関











  


Posted by 古道ウォーカー at 11:44Comments(1)

2018年06月06日

伏見桃山周辺散策 ③寺田屋

京都伏見の寺田屋は、大阪と京都間の
通船「三十石船」の京側の発着地の

大きな船宿でした。
寺田屋は、薩摩藩の定宿であった関係

から、文久2年(1862)4月いわゆる
「寺田屋事件」が起こり、薩摩藩中心の

急進派九名が犠牲となりました。
また、慶応2年(1866)1月、薩摩藩の

紹介でここを定宿としていた坂本龍馬
が幕吏の襲撃を受けて、愛人お龍の

機転で助かったのもここでした。



  


Posted by 古道ウォーカー at 17:25Comments(1)

2018年05月17日

伏見桃山周辺散策②伏見の戦い跡

慶応4(明治元)年正月3日、鳥羽伏見の戦いが始まります。
御香宮神社に陣を構えた薩摩軍、南側の伏見奉行所に

入った旧幕府軍(新選組、会津藩ら)の間で兵火を交えます。
















民家の戸袋
に残る鳥羽
伏見の戦い
の弾痕







  


Posted by 古道ウォーカー at 22:39Comments(4)

2018年05月16日

京都・伏見桃山散策

京阪本線伏見桃山駅から東に約5分で
御香宮(ごこうのみや)神社です。

御香宮神社は、貞観4(862)年に境内で
「香」の良い水が湧き出たことから、第56代
清和天皇より社名を賜ったそうです。

伏見城大手門を移築した表門、徳川家康が
建立させた本殿(いずれも重文指定)などが
見られます。































伏見の戦い
の碑
(明治元年)










周辺には、戊辰戦争(鳥羽伏見の戦い)の痕跡が
たくさんありますが、追伸で・・・。  


Posted by 古道ウォーカー at 17:30Comments(5)

2018年04月16日

和歌山県庁舎築後80年

和歌山県庁舎は、昭和13年(1938)に現在地に建設され、
今年で80年を迎えました。

これを記念して、庁舎の見学会がありました。
県庁本館は、戦災を耐え抜き、平成25年(2013)に国の

登録有形文化財となりました。


















昭和天皇が
皇太子時代に
お手植えされた
松の木










知事室












四階の
正庁

歴代知事の
写真が飾ら
れています








県議会議場








  


Posted by 古道ウォーカー at 23:03Comments(6)

2018年04月15日

大阪造幣局桜の通り抜け

造幣局の桜通り抜けに行ってきました。
今年の桜の開花が早く、通り抜け2日目

でしたが、すでに散ってしまっているのが
目立ちました。


















見物人の
数もすごい














今年の桜













































  


Posted by 古道ウォーカー at 23:43Comments(2)

2018年04月14日

丹波篠山さくらまつりさくら、続報

篠山城跡を見学したあと、城下町を散策しました。
今に残る、御徒士町(おかちまち)武家屋敷群。










































武家屋敷群
の道路沿いに
防火帯を兼ねた
犬走りが
ありました。






篠山市の
マンホール












篠山市内の
風景①









篠山市内の
風景②

篠山口駅
へ向かう
バス停
付近




  


Posted by 古道ウォーカー at 23:34Comments(2)

2018年04月11日

丹波篠山さくらまつり

開花の遅い桜をねらって、丹波篠山城趾公園
に出かけました。

満開宣言が出たのが4月6日(金)、2日後の
日曜日は絶好のお花見日和。

現地へ行ってみると、前日の土曜日に
雨と強風で、ほとんど散ってしまっていました。




城の北側、入口付近




































穴太衆による
野面積









大書院
天守閣は建築
されていません












刻印もはっきり
確認できます。















  


Posted by 古道ウォーカー at 17:50Comments(5)

2018年04月03日

JR吉備線の旅(その3,足守陣屋跡)

足守藩は、木下家2万5千石の外様の藩。
天守等はなく、陣屋跡が現在の岡山市北区

足守に残っています。




足守陣屋跡












足守の侍屋敷










足守の武家屋敷










武家屋敷の裏
へ回ると古い
ひな壇飾りが
展示されていました。





足守藩は、緒方洪庵の生誕地としても有名です。
足守藩士の緒方洪庵は、医師、蘭学者で、

大阪に適塾を開き、人材を育てました。
門下生には、大村益次郎、久坂玄瑞、高峰譲吉、

橋本左内、福沢諭吉などなど。


















緒方洪庵
生誕地に
建つ記念碑
と銅像









それから、備中高松城の水攻めのため、豊臣秀吉が
足守川の取水口から3キロ以上の堤防を築いた。

その付近の足守川。







  


Posted by 古道ウォーカー at 00:45Comments(4)

2018年03月30日

桜が満開に!!

今、関東地方以西以南各地で桜が満開ですね。
和歌山市岩橋の岩橋千塚、風土記の丘公園で

満開の桜を観てきました。


  
























































  


Posted by 古道ウォーカー at 17:59Comments(2)

2018年03月29日

JR吉備線の旅(その2,備中高松城)

吉備線の旅が続きます。
吉備津駅の次は、備中高松駅です。

日本三大水攻めで有名な、備中高松城は駅から徒歩約10分
くらいのところにその史跡が残っています。

天正10年(1582)に備中高松城の戦いが起こります。
織田信長の命を受けた家臣の羽柴秀吉が毛利氏配下の

清水宗治が守備する備中国高松城を攻略した戦である。
秀吉は高松城を水攻めによって包囲したことから、

備中高松城の水攻めとも呼ばれる。
水攻めの最中に、主君信長が明智光秀に討たれる

本能寺の変がおきた。その報を聞いた秀吉は、ただちに
毛利方と和睦を結んで、城主清水宗治の切腹を見届けたのち、

明智光秀を討つために軍を姫路へ引き返した。
















高松城趾は、現在
歴史公園として
整備されている。





















水攻めの際に
築いた堤防の
高さを再現







  


Posted by 古道ウォーカー at 01:34Comments(2)

2018年03月28日

映画「北ノ桜守」

吉永小百合主演の映画
  北の桜守

を鑑賞してきました。



  


Posted by 古道ウォーカー at 13:40Comments(2)

2018年03月28日

JR吉備線の旅(その1)

JR吉備線は、岡山駅と岡山県総社市の
総社駅とを結ぶ、20.4キロの路線です。

吉備線は、桃太郎伝説が残る地区を走ることから
「桃太郎線」の愛称で親しまれています。

現在も、「まんが日本昔ばなし」の声優である
常田富士男のナレーションにより車内放送が

流れ、童謡「ももたろうさん、ももたろうさん」とともに
親しまれています。
















吉備線で運行されている昔ばなし列車








沿線には、名所旧跡が多い。
吉備津駅から徒歩10分にある
  吉備津神社
もその一つ。駅のすぐ近くから
参道の松並木が続いています。






























この吉備津神社で有名なのは
この真っすぐに延びた回廊。

約400メートル(正確には398メートル
とのこと)の回廊はすごい。

それと
 鳴釜神事(なるかましんじ)

この神事は、釜の上に蒸篭(せいろ)を置いて
その中に米を入れ、蓋を乗せた状態で釜を

焚いた時に鳴る音の強弱、長短等で吉凶を
占う神事。

御釜殿で行う神事ですが、訪れたとき
ちょうど占い中で、撮影厳禁でしたので、

写真がありません。あしからず・・・。
看板のみです。








  


Posted by 古道ウォーカー at 13:10Comments(2)

2018年03月27日

旧東海道を歩く(興津宿~由比宿)

興津宿は、東海道五十三次の江戸から数えて
十七番目の宿場町。

JR東海道線興津駅から由比駅まで
約7.1キロを歩きました。

途中、薩埵峠(さったとうげ)からは、
歌川広重が描いた浮世絵と同じ景色で

富士山が展望できる場所があります。




急斜面に付けられた遊歩道を登ると
薩埵峠で富士山が真正面に姿を見せました。
































浮世絵の薩埵峠と比較して下さい。
この日は快晴で、駿河湾もきれいでした。

青春18きっぷを使っての日帰りウォークでした。
  


Posted by 古道ウォーカー at 01:17Comments(4)

2018年03月24日

おとなびパス

おとなびパス(割引切符)を利用しました。
本当に格安鉄道旅行ができました。



























写真では、見にくいかもしれません。
JR西日本管内、富山県から山口県(一部は博多まで)

まで三日間通用、新幹線、特急列車等乗り放題の
切符です。値段は、普通車で20,000円です。

私は、三日間フル利用しましたので、
通常の料金だと、40,000円以上の料金に

なります。
事前に、時刻表をよく勉強して最大限に利用できる案

を計画しました。
披露します。

和歌山~(特急くろしお・指定席)~新大阪~(新幹線
こだま自由席)~相生~(赤穂線)~岡山~(新幹線

のぞみ指定席)~岡山~(福塩線、伯備線、芸備線)~
三次(ホテル泊)~(三江線)~江津~(特急スーパー

おき指定席)~益田~(特急乗り継ぎ)~新山口~
(九州新幹線さくら・指定席)~広島()ホテル泊)

~(芸備線・伯備線)~新見~(特急やくも指定席)
~岡山~(新幹線のぞみ指定席)~新大阪~(特急

くろしお指定席)~和歌山

以上、快適な鉄道旅でした。


  


Posted by 古道ウォーカー at 23:26Comments(4)

2018年03月20日

JR芸備線に乗る

JR芸備線は、広島駅から広島県三次駅を経て、
岡山県新見市の備中神代(こうじろ)駅に至る

JR西日本の鉄道路線です。
路線総延長は、159.1㎞。全線非電化です。





芸備線広島~三次
間で運行中の列車











三次駅













三次駅前の名物鵜飼をモチーフにしたモニュメント








































備中庄原駅、比婆山駅を過ぎたあたりから
残雪が多かった。


























備後落合駅は、木次線(広島県庄原市の備後落合駅~
島根県松江市の宍道駅を結ぶ)の起点の駅。
木次線は、もっと残雪が多く、途中の駅までバスで
代行輸送しているとのことでした。















私は、伯備線新見駅まで芸備線を使い、新見からは
特急やくも(出雲市始発岡山行)に乗って岡山へ。

あとは「おとなびパス」の特典を使って、新幹線のぞみ
から特急くろしお乗り継ぎで帰ってきました。
















  


Posted by 古道ウォーカー at 00:15Comments(4)

2018年03月15日

JR山口線の初乗り

JR山口線を乗ってきました。

山口線は、山口県山口市の新山口駅~島根県
益田市の益田駅間、総延長93.9㎞を結ぶ

全線非電化路線です。
沿線には、湯田温泉や、「山陰の小京都」と呼ばれる

津和野町などがあり、全線にわたって国道9号と
ほぼ並行しています。

いったん廃止になった蒸気機関車(SL)を昭和54年に
復活運転させ、土日祝日の新山口~津和野間で

走っています。
 新山口~益田間は、私の初乗り区間でした。

今回の旅行では、ちょっと贅沢して特急に乗りました。
鳥取~新山口間で運行している

  特急スーパーおき

に途中の浜田から乗り込みました。
停車時間が短くて、撮影がほとんどできず、車窓から

日本海沿岸の風景です。




山陰本線の
浜田駅









浜田駅前の店で食べた海鮮丼定食です。











特急スーパーおき
3号






































































山口線の起点
益田駅





























上の海岸の写真は、特急スーパーおきの車窓から
見た日本海の海岸風景です。

最下段の写真は、新山口駅発車直前の
九州新幹線さくらです。

新山口からは、さくらで広島まで、所要30分。
広島駅前のホテルに一泊して、旅を続けます。







  


Posted by 古道ウォーカー at 23:40Comments(4)